マットレス(敷布団)とフローリングがカビだらけ!?

スポンサードリンク


更新日:2019.9/15

マットレスは床(フローリング・畳)に直置き・フレームに乗せる「どっちがいいの?」

寝心地はどっちも変わりませんが、衛生的にフレームに乗せるべきです。

  • 寝心地

    マットレスは、フレームに乗せようが、床に直置きしようが「寝心地はそんなに変わりません。」

  • 衛生面

    フローリングや畳の上に直接置いて使用すると、カビが発生しやすくなるので、衛生的に良くない睡眠環境になり得ます。

 

カビが発生する原因 主に『湿気』

マットレスをベッドフレームなどを使わずにフローリングへ直置きして使用すると、通気性が悪くなり湿気がこもります。さらに冬の季節になると『結露』が発生しやすくなるので、さらに湿気がこもり、カビにとっては最適な環境になってしまいます。

 

マットレスをベッドフレームに乗せていれば、床との間に空気の通り道が確保でき、湿気がこもりづらく、冬の時期も結露の発生を抑えることができます。

 

以上のことから、フローリング&畳にマットレスを直置きするのは、寝心地は問題ないですが、睡眠環境と衛生的にはおすすめできません。

マットレスをどうしても床に直置きする場合の2つの対策

マットレスを長く使うためにはベッドフレームを使うことをおすすめしますが、どうしてもフレームが置けない・置きたくないという方は2つの方法があります。

  1. スノコを敷く
  2. ローテーションをきっちりやる

 

スノコを敷く

スノコを敷けばマットレスと床の間に空気の通り道ができるので、カビ対策となります。特に身体や膝が悪く立ち上がりに不安がある方は、ホームセンターなどで脚付で15㎝ほど床から高くできるスノコが販売されていますので、ご検討してみてはいかがでしょうか。

 

スノコの材質は湿気に強く、耐久性も高い『檜(ヒノキ)』をおすすめします。

 

マットレスのローテーションをきっちりやる

定期的にマットレスを『ローテーション』すると、カビ対策になります。しかも、マットレスは偏り(かたより)がないように満遍なく使うと、ヘタりや一部分の劣化を抑えられ、結果として長く使うことができます。

 

詳しくは⇒マットレスを長持ちさせる方法

 

みなさんが失敗しないで、納得のいくベッド選びができることの参考になれば幸いです。

page top